ジェネリック薬品

ジェネリック薬品というと「後発薬品」とも呼ばれており、後から発売された薬となります。

この「後から」というのは「遅れた」「低品質」などのイメージがあるかもしれませんが、そんなことはなく逆にジェネリック薬品の方が品質や利便性が高くなっている場合もあります。

しかも、薬代が安くなるメリットもあります。

お薬にかかるコストは研究にかかる部分が大部分で大きく占めています。そのため、新薬として発売されてから一定期間は特許にて独占販売ができるように守られる事になります。
十分に費用を回収できる期間でに製薬特許期間があり、この期間が満了しますと多くの医薬メーカーがジェネリック薬品として新たなパッケージで同じ成分の医薬品を販売する事になります。

先発薬メーカーは特許終了後も自社の製品の方が効果が高いとして言い、高価格で販売を継続を試みますが、成分が同じジェネリック薬品と先発薬は基本的に同じ効果効能であるはずです。