同じ毛根からの発毛は50回までの限界

男性の薄毛は遺伝が影響。早めの対策ができるなら遺伝薄毛もフィンペシアで予防

AGA(男性型脱毛症)は遺伝の影響が強いといわれています。これは統計データ的にも確認されており、私たちの実体験でも身内の薄毛は子供、孫に影響しているのが見て取れるはずです。
フィナステリド製品は髪の毛が抜けてくる状態を止めることが出来て、7割程度の薄毛患者に効果があるとされています。
一部の人には効果がないとは言われていますが、一般的なAGAであるならば何かしらの良い効果があるはずです。
AGAは毎日レベルアップし薄毛が進行AGAで薄毛レベル・アップ
薄毛は抜け毛から始まります。毎回生え変わることは期待せずに今ある一本一本の毛髪を大切にしたいのですが、AGAは症状は抜け毛です。 発毛トニック、サプリメント、シャンプー、生活習慣の改善などなど、、、をしても一時的に効果があっても、AGA自体が一つの病気ですのですぐに薄毛が進行します。
そして、悲しいお知らせとして、毛根からの再生は細胞分裂限界があり50回程度で終了とされています。
つまり、いくら発毛力、育毛力があっても、抜け毛が高速に繰り返されると近い将来、完全なるハゲになります。
それの抜け毛が抑えらえるのがプロペシアで抜け毛レベルとダウンさせてください。
ミノタブで発毛/育毛力を向上ミノタブで発毛/育毛力を向上

ミノキシジルはリアップなどで有名な発毛・育毛の外用薬です。しかし、本当に効果があるのが服用タイプです。
服用で効果で最も効果があるが、服用タイプはドラッグストアーでは販売できません。
そのため効果は小さいが外用タイプならば販売できるされています。また、「効果がある」として言われているのは服用タイプですので、混同しないようにしてください。一度試せば意味が分かります。
フィナステリド

AGA(男性型脱毛症)で髪の毛が抜けるとあっという間にスカスカの頭髪になってきます。最近ではフィナステリドによる薄毛治療は一般的となってきましたが、服用により抜け毛が止まっても薄毛が完治しない人がいます。

実は、髪の毛は50回の抜けると、その毛根からは二度と髪の毛が生えなくなってきます。これは、生物学的な常識ですので、残り何回で同じ毛根から髪の毛が生えるのかは、これまでの実績によるので分かりませんが、薄毛治療で一番重要なのは発毛・育毛よりも大切なのは抜けるのを防止です。

髪の毛は細胞分裂によって生え変わる

よって生え変わる

髪の正体は毛根部分で「細胞分裂した毛母細胞が角質化しながら上へ押し上げられたモノ」です。

頭皮には毛細血管がたくさん走っているので、それら血管を経て毛根内の「毛乳頭」という部分に栄養素が運ばれます。

毛根(毛乳頭)に届いた栄養が髪になるまで
  1. 髪を育てるために大事な栄養素が、頭皮に走る毛細血管を流れる
  2. 毛細血管を流れた栄養素は、髪の毛根部分にある膨らんだ球の形をしている毛球の中に存在する毛乳頭に運ばれる
  3. 栄養素はその後、毛乳頭の周りを取り巻くように存在する毛母細胞に届く
  4. 栄養素が届いた毛母細胞が細胞分裂を繰り返す
  5. 分裂を繰り返した毛母細胞が角質化しながら上へと押し上げられる
  6. 押し上げられた角質が髪の毛そのものになる

髪を生やすためには、毛乳頭で細胞分裂をして毛母細胞の角質化が必要です。髪の毛にも栄養は必須ではあります。そして、抜けては、再度、分裂して新たな毛髪が生えるサイクルで回っています。

ちょっと、落ち着いて考えれば人には老化があるのは細胞分裂の限界があるかで、毛根でも同様にいずれ限界は起きるのが分かるはずです

毛根寿命が50回であること

生えた髪が抜けるまでの話

AGAでなくても人の髪は100本/日位は自然に抜け落ちてきます。これは日々、繰り返し生理現象として意識されずに行われています。この周期は長いと思うか、短いと思うかは、それぞれではありますが、1つの毛根からは一生涯で50本しか生えない事を知れば、どうでしょうか?

基本のヘアサイクル(毛周期)は、以下のようになっています。

①成長期(2~6年)
②退行期(2~3週間)
③休止期(2~3ヶ月)

2~6年間、毎月およそ1cmずつ伸び続けた髪は、2~3週間、成長を止めます。
成長が止まっている間は、その1本の髪を生やすための毛母細胞の細胞分裂も停止中です。
*この成長期の「2年~」ですがAGAの患者はもっと短期間で終了し、抜け落ちてしまいます。

その後、2~3ヶ月かけて、髪は徐々に抜け落ちていき、再び髪を生やす準備をします。

黒くボリュームのある健康な髪を生やすには、このヘアサイクルが重要になってきます。
抜け毛や薄毛に悩んでいる人は、ヘアサイクルが乱れています。成長期が極端に短く、生えてもすぐに抜けてしまうという現象が起きているのです。

大切な毛根の命を少しでも長くするために

大切な毛根の命を少しでも長くするために

1つ1つの毛根の寿命が50回で有限であるので一本一本は大切にする必要があります。
この「50回/一生」の毛根の寿命は人の細胞の細胞分裂が50回位というところですので、実はもう少し少ない?多い?かもしれません。
この回数に関しては、大切なのは今現在の残された細胞分裂の回数です。
発毛は毛根内の「毛乳頭細胞」の分裂が起きます。よって、生物の細胞分裂の限界が影響するので目安として50回の「毛乳頭細胞」の「細胞分裂」が50回前後で終了となります。

そして、私たちが最も気にしたいのは、その残された回数を知る由はありません。

つまり、ヒトは生まれてから、または母親のお腹の中で既に細胞分裂が来る返されていました。
また、幼きころ髪の毛が生え変わりが激しかったタイプの人は、大人になった現在では薄毛が進行してたりはしないでしょうか。

ですので、まずは抜け毛の原因を排除するために「フィナステリド」製剤の服用が必要です。

ミノキシジルだけでは薄毛治療はできません。

薄毛治療では薬局でも入手ができるミノキシジル(リアップ等)が知名度が高いですが、このお薬は「発毛・育毛」の効果があります。
つまり、ここまでお読みの人ならばわかりますね。
▶ミノキシジルだけを利用しての薄毛治療では以下が懸念されます。

・ミノキシジルで効果があったら一時的に髪の毛が増えるかもしれません。
・ミノキシジルは頭皮の血行促進や発毛や育毛を促す効果が強まる。
抜け毛が起きやすい頭皮環境のままである。

つまり、ミノキシジルで発毛促進で早く髪の毛が生えるかもしれないが、抜け毛の機会も増え、結果として「スキンヘッド」になる年齢が早めるだけかもしれません。

多くの男性の薄毛の原因は「抜ける」ことです。
生やこと、太くすることができても「抜ける」原因はそのままであれば、毛根寿命の50回はあっという間です。

それでもミノキシジルで栄養を与えたい

フィナステリドで抜け毛の状態が改善したら、次は毛根に栄養を与えたいですね。
毛髪が健康的に長く、太くするための活動としては、食生活やマッサージ、禁煙なども考えられますね。このような方法での血行促進で本当に薄毛が改善するのでしょうか。

少なくとも発毛・育毛の効果を得る方法があったとしても、髪の毛が抜けている原因が改善しなければ意味がないことは既にご存じかと思います。

そうですね。フィナステリドで抜け毛が予防できたら、次は以下の2点を考えたいですね。

  1. 髪にきちんと栄養素が運ばれるのかどうか
  2. 髪だけに摂取した栄養素が使われるのかどうか

髪の毛には「艶やコシがある髪の毛」と「毛根が元気な髪」があります、まず男性に必要なのは「毛根が元気な髪」ですね。多少の枝毛があっても良いので、抜けない元気な毛根が必要ですね。
そのためには抜け毛が予防できた前提ですが、毛根の毛乳頭の部分へしっかりと栄養を送り込みたいです。

実は一般的に言われている、頭皮へのマッサージや頭部の血行も良くする全身運動もどれほど毛髪に効果があるのかが分かっていません。
例えば、喫煙者であったり、まったく運動をしない人でも髪の毛がフサフサの人がいます。つまり、研究結果や統計データなどがない、なんとなく体に良さそうな方法なのです。

しかしながら、ミノキシジルは研究結果として育毛・発毛効果があることも実証されています。
血行が促進されていることで一見、毛乳頭へ栄養素が送り込まれているようにも感じますが、実はなぜ発毛・育毛効果があるのか実はあまりよく分かっていません。

ミノキシジルは発毛・育毛効果があるが事実なのです。

このように、AGAクリニックで多くの場合の最高級の治療方法としては「フィナステリド」と「ミノキシジル(服用タイプ)」が処方されています。

飲むミノキシジルを併用したい方へ

ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがあります。お薬としては認可はされていますが、残念ながらAGA治療薬としては認可されてないので、全額自費で入手する必要があります。
その時に便利なのが海外ジェネリックのミノタブです。

1箱50錠入りなので、1日1錠でも2か月程度利用できます。

塗るタイプのミノキシジルで併用したい方へ

やはり飲むタイプは「ちょっと、、、」と思われる方は、リアップなどと同様の外用タイプもあります。しかも値段は1/3~1/4程度ですので、同じ成分なのにとても安価で入手が可能です。

フィナステリドで喫煙などの不健康でも薄毛が治るかも

実際、街中をジョギングしていたり、ジム通いしていても薄毛の人はたくさんいます。
また、視点を変えると喫煙をしていても、フィナステリドの服用で薄毛が治る人をたくさん見てきました。という私自身もその内の一人です。
愛煙家でありながら、定期的な運動をしていましたが30代半ばくらいから頭頂部の薄毛になりました。
喫煙以外はいたって健康体で、飲酒は付き合い程度でしたが、ちょっとした切欠で飲み始めたフィナステリドが著しい抜け毛防止の効果がありました。

恐らく喫煙をしてれば、もっと頭皮環境が改善するかもしれません。
自分としては禁煙によるストレスの方が禿げそうなので現状維持です。

やはり禁煙もしてより良い効果を得たいなら

ブプロンSRは禁煙補助薬で煙草を吸うことで得られるドーパミン(幸福ホルモン)を補充することができます。喫煙で得られるドーパミンはすぐに切れるので、またニコチンが欲しくなります。

ブプロンSRを服用する事でニコチン切れによるイライラなどが起きにくくなっているので、ニコチン切れのストレスでハゲの進行がなく禁煙ができるかもしれません。
禁煙してAGAも改善したい人の本気の人向けの禁煙補助薬です。

コメント

  1. コロナ禍での人に会わない期間中に初期脱毛も終えたのがフィンカー より:

    フィンカーを初めて初期脱毛で髪の毛がいっぱい抜けるので服用すぐ(2カ月目くらいまで)はブラッシングは今まで以上にやさしくていねいにした方が良いです。
    コロナのストレスで外出も控えて人に会わなくなってきた機会に飲みはじめて1年経過しました。人に会わない期間中に初期脱毛も終えたので、人目を気にすることなく効果を感じることができて良かったです。これから始める人は秋とか冬の期間は帽子被っても目立たないと思います。

  2. 5年続けていた市販の育毛剤をやめました。トータルで何万円費やしたでしょうか?! より:

    5年続けていた市販の育毛剤をやめました。トータルで何万円費やしたでしょうか?!
    !そこで、6カ月前にフィンカーを服用始め、はじめは抜け毛の量で心配になりましたが3ヵ月くらいで抜け毛が止まって以降は新しく生えてきた毛があるのか頭皮が目立つ箇所が減ってきている気がします。こんなに効果があるならば、もっと早く始めてればよかった。