アラフォー以上の抜け毛はなぜ起こる?医学的な観点にて

男性の薄毛は遺伝が影響。早めの対策ができるなら遺伝薄毛もフィンペシアで予防

AGA(男性型脱毛症)は遺伝の影響が強いといわれています。これは統計データ的にも確認されており、私たちの実体験でも身内の薄毛は子供、孫に影響しているのが見て取れるはずです。
フィナステリド製品は髪の毛が抜けてくる状態を止めることが出来て、7割程度の薄毛患者に効果があるとされています。
一部の人には効果がないとは言われていますが、一般的なAGAであるならば何かしらの良い効果があるはずです。
AGAは毎日レベルアップし薄毛が進行AGAで薄毛レベル・アップ
薄毛は抜け毛から始まります。毎回生え変わることは期待せずに今ある一本一本の毛髪を大切にしたいのですが、AGAは症状は抜け毛です。 発毛トニック、サプリメント、シャンプー、生活習慣の改善などなど、、、をしても一時的に効果があっても、AGA自体が一つの病気ですのですぐに薄毛が進行します。
そして、悲しいお知らせとして、毛根からの再生は細胞分裂限界があり50回程度で終了とされています。
つまり、いくら発毛力、育毛力があっても、抜け毛が高速に繰り返されると近い将来、完全なるハゲになります。
それの抜け毛が抑えらえるのがプロペシアで抜け毛レベルとダウンさせてください。
ミノタブで発毛/育毛力を向上ミノタブで発毛/育毛力を向上

ミノキシジルはリアップなどで有名な発毛・育毛の外用薬です。しかし、本当に効果があるのが服用タイプです。
服用で効果で最も効果があるが、服用タイプはドラッグストアーでは販売できません。
そのため効果は小さいが外用タイプならば販売できるされています。また、「効果がある」として言われているのは服用タイプですので、混同しないようにしてください。一度試せば意味が分かります。
AGA(男性型脱毛症)

ある程度に年齢に達すると薄毛の進行がしてくるようです。下人は遺伝が影響していたり、生活習慣などの要因があるようです。毎日の中で気づく事例としては、

「枕につく抜け毛が多くなった…」
「ブラッシングするたびに大量の髪が抜ける…」

20代から既にこのような悩みを抱いている男性もいるようですが、AGA(男性型脱毛症)としての抜け毛は年代に関係なく症状及び対策は同じようです。

まず大前提として一生の内の発毛回数は有限です、ある一定数の抜け毛が完了すると、その毛根からは今後髪の毛が生えない「細胞分裂の限界」数があります。

正しい対策を取ることで、一生涯、自分の髪の毛を維持する事も可能です。

きっかけはさまざま!40代前後から多い抜け毛の原因

早い人だと30代位から薄毛が目立ってきますが、アラフォー以上にいなると薄毛の人口率が大幅に増えてきます。近年は手軽にAGA治療薬が入手が出来ることもあり状況は変わってきているようです。
そでも、AGAは根本的な治療薬は開発されていないため、男性の抜け毛は原因は変わらず以下のような原因が考えられています。
繰り返しますが男性は40代前後からAGAの症状が顕著にみられるだけです。
20代からでも同じように抜け毛が開始します。

・AGA(男性型脱毛症)

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・誤ったヘアケア

はじめにAGAとは、男性ホルモンの1つであるテストステロンが抜け毛を発生させるジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで起こる進行型の脱毛症です。

このジヒドロテストステロン(DHT)は強力な脱毛ホルモンです。髪の成長に欠かせない成長因子である「インスリン様成長因子-1」を減らし、毛母細胞の細胞分裂を妨げることで、髪の成長に悪影響を及ぼします。

すると、髪が育ちにくく抜けやすくなり、薄毛が目立ちはじめるのです。
AGAの発症は遺伝の影響が大きいとされ、人によって脱毛がはじまる部位や進行の仕方が異なるのが特徴です。
参考:男女別の抜け毛について

1つの毛根から生えてくる毛髪には回数の制限があるようです。

信じたくない人は「細胞の細胞分裂の限界数」で調べてみてください。
髪の毛の根っこの毛根で細胞分裂が起きて髪の毛が生えてきます。
つまり、心配なのはAGAを発症しているのに対策を行わずにいると、髪の毛が抜けやすくなるので、毛根が早い時期に再生を開始するので、毛根を失ったり、髪が生えてこなくなったりする可能性も考えられます。

手遅れになる前に、早めの対策・改善が重要です。

ですので、細胞分裂しくつくす前に早めの対策が必要なのです。
またAGA以外には、過度のストレスが自律神経のバランスを乱し、頭皮の血流を悪くする恐れがあることから、抜け毛の原因になると考えられています。ストレスの受け止め方は人によって異なるので、発症リスクにも差が出やすいといえます。

さらに生活習慣では、睡眠不足がストレスと同様に自律神経のバランスを乱します。

食生活においては栄養不足だけではなく、カロリー過多や栄養の偏りなどが原因で、抜け毛を招く可能性があります。

喫煙や睡眠不足、バランスの悪い食事、運動不足といった生活は血行不足を招き、抜け毛や薄毛につながりやすい状態になります。

そして、20代で多いのが間違ったヘアケアによる抜け毛です。

頭皮や髪に強い力を加えながらシャンプーをしたり、ワックスやジェルなどの整髪剤を付けたまま寝てしまったりすると、人によっては頭皮を傷めて抜け毛につながることがあるようです。

同じ毛根からの発毛は50回までの限界

生活習慣の影響が大きい!抜け毛になりやすい乱れた生活とは?

生活習慣の乱れは、抜け毛を増やす原因にもなり得ます。

とくに偏った食生活や睡眠不足は、薄毛を招きやすいので注意が必要です。

例えば、20代になると大学生活や就職により、親元を離れて一人暮らしをはじめる方が増える世代だと思います。

食事が用意されていた環境とは異なり、一人暮らしは自分で食事を用意しなければいけません。

髪の健康を保つ栄養素としては、タンパク質やビタミン類、ミネラルなどがあげられます。

親に料理を作ってもらっていた人にとっては、調理すること自体に慣れていないうえに、メニューのレパートリーが少なく、栄養素をバランス良く摂取することが難しくなるかもしれません。

栄養が偏った食生活を送ると、髪の生成に必要な栄養素の不足や頭皮の血行不良を招いて、抜け毛を増やす原因になる恐れもあります。

また慢性的な睡眠不足は、ホルモン分泌や自律神経機能に大きな影響を与えると考えられています。というのも成長ホルモンが十分に分泌されないと、頭皮のターンオーバーを乱してしまうからです。健康な髪が成長しやすい状態を維持するためには、ターンオーバーの正常化が大切といえます。

さらに自律神経の乱れは、体の冷えだけではなく頭皮の血行不良を招く要因でもあります。頭皮の血行が悪くなると、髪を作る毛母細胞に十分な栄養が届かなくなります。すると次第に髪は細くなり、抜けやすくなるのです。太くしっかりとした髪は生産されにくくなり、代わりに細く寿命の短い髪ばかりが生産されるようになることも考えられます。

一人暮らしをはじめたばかりの頃は、慣れない生活にストレスを感じたり、大学生活や仕事の面で不安を抱いて、睡眠不足に陥ったりする人もいるでしょう。しかし過剰なストレスや睡眠不足が続くと、抜け毛につながる恐れがありますので、気を付けるようにしましょう。

ファンカーを飲んでみれば、何が問題だったのか改めて分かります。

抜け毛を改善!効果的な対策方法は?

20代男性の場合、生活習慣を見直すだけでも抜け毛を抑えられる場合があります。

食生活の乱れや睡眠不足を感じている方は、バランスの取れた食事や睡眠時間の維持を意識するところからはじめてみましょう。

また、20代は、学生から社会人へ、親と同居から一人暮らしへ、独身者から既婚者へ、夫婦だけから子どものいる家族へと、生活のリズムが変わるタイミングが次から次へと現れます。

せっかく生活リズムの変化に慣れたところにまた次の変化が訪れるという形になることが少なくないため、精神的にも肉体的にもストレスを感じやすいのが20代です。

そこに職場やプライベートで人間関係も変化する時期が重なるため、ストレス性の抜け毛が多くなります。

本来であれば、何がストレスになっているかを確認して、できる限りストレスがかからないようにするのが理想なのですが、20代は取り除くことが難しいストレスが多い時期です。

ストレスを真正面から受け止めないように、受け止め方を変化させるか、ストレスを上手に解消することを考えたほうがよいかもしれません。

心からリラックスできるストレス解消法を最低1つでも用意しておくようにしましょう。

抜け毛の原因がAGAの場合は、早めに治療を開始することで進行を遅らせることができます。

AGAは進行型の脱毛症なので、自然に改善できるものではありません。

何の対策も行わずにいると、抜け毛の量はますます増えて髪が成長しにくくなる可能性も否定できません。

放置すると症状が悪化する恐れもありますので、できるだけ早い段階で対策するようにしましょう。

AGAは皮膚科や専門病院で投薬治療することで、抜け毛の緩和が期待できます。

しかし、20代男性にとって「治療」という言葉に抵抗を感じる人も少なからずいると思います。

このような人は、投薬ではなく頭皮ケアで薄毛改善を目指す育毛専門サロンをご提案します。

育毛専門サロンの頭皮ケアは、幅広い原因による抜け毛に対応しています。

抜け毛の原因を解明したり、プロによる生活習慣の改善に関するアドバイスをもらったりすることもできます。

一人で悩まず、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

抜け毛の原因に合った対策方法を選ぶことが大事

20代男性の抜け毛は、原因に合った対策を取ることで改善が期待できます。

つまり、抜け毛の原因解明がとても重要だということです。

若い世代に見られやすい抜け毛の原因は、以下のものがあげられます。

・AGA(男性型脱毛症)

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・誤ったヘアケア

どのような原因でも、対策をどんどん先延ばしにしてしまうと、症状が進行する分、改善するまでの時間が余分にかかる恐れがあります。

また原因は、1つだけとは限りません。

複数の原因によって、抜け毛を促進している可能性もありますので、抜け毛の原因をできるだけ早期にはっきりさせて、すぐにでも対策をはじめましょう。

毛母細胞は活動と休止を繰り返すことで新しい髪を生み出しています


1)毛母細胞は活動と休止を繰り返すことで新しい髪を生み出しています 

1本の髪は、頭皮から上部の「毛幹」と頭皮の中にある「毛根」で形成されています。頭皮の表面近くには「皮脂腺」があり、髪などを守る脂分が分泌されています。さらに毛根の一番奥には「毛球」があり、「毛球」は「毛乳頭」と「毛母細胞」に分かれています。なかでも「毛乳頭」が髪を生成するうえで大変重要な役割を果たしている箇所。この「毛乳頭」は、「毛母細胞」に必要な栄養分を毛細血管から摂取して届けながら分裂活動を繰り返すことで成長していき、新しい髪を生み出しているのです。

2)成長期 

毛母細胞が分裂・増殖して、髪が生まれて伸びる時期です。一般的に髪の成長期の期間は2年~6年といわれ、その間毛母細胞は活動を続けます。しかし、何かしらの原因によって成長期の期間が乱れて短くなると、髪は十分に育つ前に抜けてしまうことがあります。すると細い髪の割合が多くなるため、薄毛になっていきます。逆に成長期の期間が長いほど、髪は太く長くなる傾向が見られます。

3)退行期

毛母細胞の活動が衰える時期です。退行期の期間は約2週間といわれており、その間は髪の成長が止まりますが、自然の流れなのであまり心配する必要はありません。次第に毛球の退縮がはじまり、休止期へと移る準備が行われます。

4)休止期

毛母細胞の活動が止まる時期です。退化した毛球は皮膚表面の近くまで上昇し、抜けやすい状態になります。そして新たに成長しはじめた髪に押し出されるように、約3ヶ月の期間を経て自然と抜けていきます。なお髪の約10%は常に休止期の状態にあり、新しい髪を再生する準備を整えているのです。

5)休止期の横ライフサイクル

髪には1本1本寿命があります。「成長期」「退行期」「休止期」とそれぞれのライフサイクルを経ることで、抜けたり生えたりを繰り返し、一定の毛髪量を保っています。このライフスタイルは「ヘアサイクル」と呼ばれ、髪の成長段階を表しています。一般男性の髪の量は、平均すると10万本といわれています。このうちの約10%、つまり約1万本は休止期にあるとされています。シャンプーやブラッシングをはじめ、生活の中で自然に抜ける髪は休止期に入った髪だと判断してよいでしょう。ただし、抜け毛の量が明らかに増えたり細く短い髪ばかりが抜けたりする場合は、注意深く様子を見るようにしてください。

コメント